過払い金請求をするなら自力ではなく弁護士に協力を仰ごう

過払い金請求で失敗ってどんなことですか?

Posted on by

過払い金を請求しようかと思ったら失敗してしまった!という人も実は結構います。
過払い金請求する上での一番多い失敗は、完済してからすでに10年以上経過してしまっており、請求することが出来ないケースです。
実は請求できる期間が決まっているため、早めに過払い金の確認をしなければならないのです。
ですから、テレビのCMでもあんなにたくさん放送されているので、以前利用されていた人たちは速やかにご確認を。


過払い金請求しても返還される金額が・・・

専門家にお願いをすると費用がかかってしまうという事で、自分で書類を準備して請求している人も増えています。
自分で行なう事は悪い事ではありませんが、貸金業者に足元を見られ返還される金額が通常よりも減額されてしまう恐れがあります。
お金を借りていた会社の経営状態が悪かったり、すでに倒産してしまっている場合は極端に低くなる傾向にあるため注意。
過払い金請求を行なう時は、やはり弁護士や司法書士に協力をしてもらうという方が、一番良い方法かもしれません。


過払い金の請求をしない人が多い?!

少しでも過払い金が発生しているのであれば、やはりきちんと請求をして返還してもらった方が良いと思います。
しかし、過払い金請求を行なわない人がいるという事で、その理由は何も書類が残っていないからとか誰かに知られてしまうかもしれないからと考えてしまうからのようで、またブラックリストに載ると聞いたからという理由も多かったです。
しかし、書類は残っていなくても平気ですし代理人などには守秘義務があり、借金を完済している状態であればブラックリストも関係ないのです。

過払い金請求確認を行なうのは無料ですか?有料ですか?

Posted on by

過払い金の請求を行う際、自分に過払い金が発生しているのか知ら寝る必要がありますが、その費用はどうなのでしょうか?
出来ればお金をかけずに調べたいという人であれば、取引していた貸金業者に対して取引履歴を送ってもらうようにお願いをします。
これは電話で行なう事が出来ますのであっという間ですが、金融機関によっては取引履歴を開示するための書類が送られてくることも。
その時は、必要な書類に記入して送り返すと情報を郵送してくれますので、すぐに自分で過払い金請求の確認が可能です。


過払い金請求が難しい?

自分で取引履歴を取り寄せることが出来ますが、中には取引履歴の開示を渋ったり拒否する金融機関もあるそうです。
しかし、金融機関には取引履歴を開示しなければならない義務がありますので、求めることが出来ます。
どうしてもなかなか送ってこない業者がいる場合は、弁護士に相談をして送ってもらうようにしてもらった方が良いでしょう。
取引履歴の保管は法律で決められていますし、処分してしまっていた場合には違法にあたる行為ですので、訴えることが出来ます。


代理人に任せたら有料になる

中には自分で計算することが苦手という人や計算の仕方が複雑で理解できない人は代理人にお願いしましょう。
計算違いで大きな差が出てくる可能性もありますので、出来るだけ代理人に楽しんでしまった方が良いと言われています。
もちろん、弁護士と一緒に過払い金請求について調べて考えるという事もアリなのではないかと思います。

まずは過払い金請求が出来るかどうかを確認してみよう

Posted on by

毎月の返済を行なっていてそれでも返済額を減らすことが出来ずに、頭を悩ませてしまっている人もいるのではありませんか?
返済をスムーズに行う為おまとめローンや債務整理を考えている人もいますが、まず過払い金請求に該当しているのか確認してみて。
金利が改正される前に利用していて返済していた人は、現在その過払い金によって返済額を減らせる可能性があります。
過払い金請求が可能である人の場合は速やかに請求を行い、返済額を減らせる手続きをしてしまいましょう。


過払い金請求って自分で出来ますか?

請求するために専門家を頼っていたらその分費用が掛かってしまうから、自分で出来るなら自分でしたいという人もいますよね。
自分で過払い金の計算をして書類をそろえて過払い金請求の準備をすることは可能ですが、金融会社が応じてくれないことが多いです。
やはり、弁護士などの専門家の力を借りなければ応じてもらう事が出来ないというのが現実のようなので、頼った方が良いでしょう。
弁護士に依頼したその費用について交渉することも場所によっては可能みたいですから、話し合ってみて下さいね。


過払い金請求は10年と決まっている?

いつでも過払い金を請求できるわけじゃないという事を、皆さんは知っていましたでしょうか?
過払い金請求はその完済してから10年以内と決められていますから、それ以上時間が経過してしまいますと返還してもらえなくなります。
それなので、以前消費者金融を利用していた人は過払い金請求が可能であるかどうかの確認を速やかに行った方が良いでしょう。

過払い金請求に該当するのはどんな人ですか?

Posted on by

よくテレビのCMでも見かけたりしますが、過払い金とは一体何の事なのでしょうか?
これは、昔グレーゾーン金利と言われていた時代に消費者金融からお金を借りていた人たちが該当するものなのです。
以前までは29%という違法な高金利で貸付を行い返済も求めていたのですが、現在では法律が改正されて高くても20%になりました。
つまり、過払い金とは利息分を払い過ぎているお金の事を言いますから、過払い金が発生している人は過払い金請求が行えます。


過払い金請求って誰に頼めばいいの?

過払い金を請求するとなった時誰に頼めば良いか分からない人もいるかもしれませんが、こういう時は弁護士に相談するのが良いです。
近年になってから、初回に限り無料相談をすることが出来る法律事務所が増えましたので、ぜひ色々活用してみて下さいね。
過払い金の計算の仕方が分からない場合でも、その方法をわかりやすく教えてもらう事が可能ですから安心できます。
もちろん、費用が掛かってしまう事になりますが過払い金請求はその消費者金融を利用してから10年以内でなければ請求が出来ません。


泣きつかれても断る?

金融機関によってはこのくらいの金額でも良いですか?と言って条件を変えてくることや、過払い金をこのくらいしか返せないと言ってくることが多くなっているようですが、出来れば妥協してしまわないようにすることが一番です。
今まで自分は一生懸命になって返済をして来たというのに、その立場が逆になった瞬間金額を変更してくるのは都合が良すぎます。
返してもらえる分は、しっかり返してもらいましょう。